読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限界日誌

今日も一日限界生活

限界迷的霞ヶ関奇行

防衛省シンポジウムなるオタクか役人か防衛産業関係者が専門家や防衛官僚の話を聞く市ヶ谷の奇祭が開催されたので会場の霞ヶ関まで行ってきた。

さて、『ろりめし』という漫画がある。

ろりめし (SPコミックス LEED CAFE COMICS)

ろりめし (SPコミックス LEED CAFE COMICS)

 

 霞ヶ関付近の小学校に通う小学生が毎日のように外食する様を描いたグルメ漫画だ。当然オタクなので買った。霞ヶ関付近ということもあってか1話目には農水省の食堂(昼間のみ民間人にも開放)が取り上げられ、すぐに影響されるオタクなのでついでに聖地巡礼をしようと目論んだ。

しかしながら当日、出かけるのが億劫になった上にいざ出かけようと思ったら磨いていた革靴の靴紐探しで時間を取られ、食堂の営業時間(14時30分)に間に合わず、仕方なく併殺されている蕎麦屋(こちらは15時まで)に行こうとしたところ、なんと売り切れていた。官庁内の蕎麦屋って売り切れあるのか。

しかし、どうやら夕方にも営業しているらしいので、第三の目的であった外交史料館訪問を行うべく神谷町まで移動。外交史料館では大体の史料に事前の利用申請(特定歴史公文書であっても公開実績がない場合、事前に申請して審査を受けることが要求される)が必要なため、閲覧できた史料は数少なかったが、西独の軍事に関する記録が1巻だけ閲覧可能なのでそれをひたすら読んでいた。

f:id:GenInspIbk:20170318010700j:plain

甲斐文比古駐独大使が外務大臣に送った報告。連邦軍大学(Universität der Bundeswehr)の創設に関するもの。

とまぁこんな感じで色々と見たのちまた霞ヶ関に移動、リベンジを果たそうとした。

ところで聡明な読者ならお気づきかもしれないが、上記の通り農水省の食堂開放は「昼間のみ」だ。そのことを忘れ農水省北別館に立ち入ろうとした私はゲート前で守衛に声をかけられあえなく玉砕、ここに聖地巡礼チャレンジは終わりを告げた。次行くときは時間にゆとりを持って行こう。

というわけで色々やっていたら入場開始時刻の17時半になったので反原発デモが行われている中経産省の守衛に道を聞きつつ会場のイイノホールまで移動。途中コンビニで軽食を摂って入場した。

そして18時半に防衛省シンポジウムが開始。今回のテーマは「今後の日米同盟の方向性」で、日本周辺の安全保障情勢の変化、トランプ政権下で将来日米同盟はどのように進化していくかについて防衛政策局長及び有識者による貴重な話を伺えた(意識高い学生並の感想)。

f:id:GenInspIbk:20170318102814j:plain

第二部のパネルディスカッション。

パネルディスカッションの内容については概ね

  • トランプ政権下の外交・安保政策がを評価するには時期尚早である
  • 現在のトランプ政権は、マティス国防長官などの実務経験を有する高官によって現実主義的に動いている。ただし、上級顧問・主席戦略官でオルタナ右翼スティーブン・バノンの存在もあり今後どう動くかはわからない
  • トランプ支持者は4年後、8年後も存在するわけであって、トランプほどでないにせよ後継者も「アメリカ第一主義」的な人物である可能性がある
  • 北朝鮮に対する武力行使を検討」という報道については、あくまでオバマ政権下の「戦略的忍耐」政策の代替として外交交渉から武力行使までの幅広いオプションを検討しており、最終的には外交交渉に帰結すると考えられる
  • 尖閣問題に対しては、海警が日本の海上保安庁と異なり準軍事組織としての性格が強い機関であるため、海上保安能力の向上を優先すべきである
  • アメリカは同盟国に負担を要求しており、それはオバマ政権下での「NATO加盟国は国防費を最低GDP比2%にしなければならない」という指針以来である
  • 上記のようにアメリカは同盟国に防衛において負担を求めており、日本は南シナ海問題への関与よりも自国の防衛力強化を図るべきである
  • HNS(ホスト・ネイション・サポート、いわゆる思いやり予算)はアメリカ国民に知られていない。このことに関する広報活動も強化すべきだ

...と言った感じの主張が並んだ。

意外に空席が目立ったので直前に申し込んでもどうにかなりそうだと思った(席が別途割り当てられるので最悪でも前日までに申し込まないと間に合わないだろうが)。毎年開かれているので暇な人は行ってみるといいだろう。